​戸倉でほねつぎが云々。

千曲市戸倉のとたに接骨院公式ブログです

怪我や症状の事、業界の事、どーでもいー事、いろいろ云々と言っていきたいと思います

連敗脱出

千曲市戸倉のとたに接骨院です。


11/11(水)我がトーキョーはホーム味スタでコンサドーレ札幌と対戦しました。




前節クラシコで敗れ4連敗を喫した我が軍。


我々ファンの心の支えだったルヴァンカップの決勝も柏にクラスターが発生したため延期に・・・


コロナ許すまじ(怒)


思わぬ形で約2週間の休息が与えられましたので、気持ちを切り替え体もリフレッシュした状態で結果に結び付けたいところですが結果は果たして・・・


1-0で勝利!!


連敗脱出!!


試合は序盤から札幌ペースで進みます。


細かくボールを繋ぎながらピッチ幅を広く使ういわゆる「ミシャ・スタイル」でボールを保持する時間が続きます。


ただ渡辺・森重の両CBを中心に集中した守備で要所を締めて決定機は作らせません。


すると21分試合が動きます。


札幌がDFラインからビルドアップしますが、田中の縦パスを森重がカットしダイレクトで安部へパス。


このボールを受けた安部が素早く反転し永井へ縦パスを入れますが、ここでうまく相手DFと入れ替わり裏へ抜け出します。


そのままGK菅野との1対1を制しニアをぶち抜きゴール。


永井の今季4ゴール目で先制します。


その直後に決定機を作られますが宮澤の足にわずかに合わず難を逃れます。


その後も何度かシュートまで持ち込まれますが堅い守備を崩さずにそのまま前半終了。


後半は互いにシュートチャンスが増えますが決定打に欠きゴールは生まれません。


トーキョーは交代選手を巧みに使いながらうまく時間を使いそのまま試合終了のホイッスル。


トーキョーの十八番

ウノゼロ勝利!!


約1ヶ月ぶりの勝利です・・・


スラムダンク13巻より抜粋

ゴールを決めた永井の活躍は言うまでもありませんが、相棒のディエゴ・オリヴェイラの献身性に触れないわけにはいきません。




今シーズンここまで9ゴールをマークしていますが、ゴール以外での貢献度は特筆に値します。


この試合もゴールこそありませんでしたが、前線でのボールキープ、サイドからの突破、そしてDFラインまで下がっての守備ともう

ディエゴ何人おんねん?!

ってレベルの貢献です。


極めつけはこの73分のプレー。

Twitterから拝借します。

これヤバくない?!

自陣で囲まれて「うわ、危ない」と思ったらそのまま個人技で突破してワンツーでゴール前まで行っちゃったし。

結局最後シュートまで持って行っちゃったし。


反応した高萩も素晴らしかったです。


あんなんされたら相手はたまったもんじゃないですよww


もう花小金井駅前にディエゴ像を建立する必要があります。


こんな素晴らしい選手がうちに来てくれてホントに感謝ですね。

手放してくれた柏にも感謝です。


ようやくうちらしさが戻ってきましたね。


ここからまた勢いに乗ってルヴァンとACL、そして天皇杯とカップ3冠も狙って欲しいですね!!


では順位表を見てみましょう。


また3位まで浮上しました。


リーグタイトルの望みがなくなった今としては、残されたカップ戦に向けて全集中の呼吸で挑んでもらいたいですね。


さて、次節は11/15(日)ホーム味スタに名古屋グランパスを迎えます。


残り試合全勝するつもりでいます。(僕が勝手に)


ここからリーグ残り4試合とACLが立て続けに入ってきます。


カタールで行われるACLは一度行ったら行きっ放しになりますので、遠征組と国内残留組に分かれての活動になります。


こんなん初めてです。


いったいどんな結末になることやら。


更に先程ルヴァンカップの決勝が1/4(月)に行われることが発表されました。


鹿島からレンタルで加入しているレアンドロの契約が切れている為、出場できないのか?

あるいは特例で契約期間を少し延長するのか。

これによって試合結果に大きく影響してきます。


もうほんとに今年は何から何までスクランブル状態です。


もう四の五の言っても仕方ないんで

全力で楽しんじゃいましょう!!

などと云々。






ご利用について プライバシーポリシー

© 2018 とたに接骨院 / 鍼灸マッサージ院 妙