​戸倉でほねつぎが云々。

千曲市戸倉のとたに接骨院公式ブログです

怪我や症状の事、業界の事、どーでもいー事、いろいろ云々と言っていきたいと思います

タマノタマシイ

千曲市戸倉のとたに接骨院です。


9/20(日)我がトーキョーはホーム味スタでベガルタ仙台と対戦しました。




前節ホームで痛い敗戦を喫した我が軍。


タイトルを獲得する為には連敗は絶対に避けたいところです。


果たして結果は・・・


1-0で辛くも勝利!!



ゲームは立ち上がりから動きます。


前線からのプレスがうまくはまり中盤でボールを奪い仙台にボールを繋がせません。


すると13分中盤でボールを奪って速攻を仕掛けます。


足元にボールを収めたアダイウトンがハーフウェイライン付近でシマオ・マテのファールを誘います。


このボールを「タマ」こと三田が素早いリスタート。


田川とのパス交換でフリーでゴール正面まで侵入しそのまま左足を振りぬきゴール!!



三田の今季初ゴールで先制します。


その後何度か惜しいチャンスを作るものの決めきれず。


逆に後半はなかなかプレスがハマらず仙台に攻め込まれますが、森重を中心に体を張って何とか凌ぎます。


終盤は途中出場の選手の頑張りで仙台にいい攻撃をさせずにそのまま逃げ切りに成功します。


タマの魂の一撃を何とか守り抜き、勝ち点3をゲット。


連敗を阻止しました。





後半は終始押し込まれる展開でしたが何とか守り切りました。


とゆーか、仙台の前線の選手のクオリティに助けられた感じですかね。


例えば鹿島のエヴェラウドや神戸のドウグラス、柏のオルンガ当たりのレベルの選手がいたら、恐らくやられていたでしょう。


決して良い内容とは言えない試合でした。


コンディションからくるのか体が重そうに見える選手もいましたし、連携のミスも散見しました。


ターンオーバーしながら底上げを図る最中なので、そんなゲーム内容でも勝ち点3を取れたことが何よりの収穫なんじゃないでしょうか。


この試合で僕が最も注目したのは、インサイドハーフでフル出場した内田宅哉です。



もともとはドリブルが持ち味の攻撃的な選手ですが、高萩や安部の負傷に伴い不慣れなインサイドハーフで出場しました。


守備でも大きくバランスを崩すことなくプレーしていましたし、ボールを持った際は流石のテクニックでボールを手放しません。


今後はもう少しフィジカル的な強さを身に付けて、更にゴールに向かうプレーが増えればさらに一皮むけて”怖い”選手になれるんじゃないでしょうか。


でもそーしたらまた海外に・・・



はい、では順位表を見てみましょう。



相変わらず川崎は順調に勝ち点と得失点差を増やしてます。


これウイイレだっけ?ww


次節は8/23(水)ホーム味スタにセレッソ大阪を迎えます。


ってもう今日!!


連休でブログサボったからまさかの過密日程になってしまった!!

などと云々。











ご利用について プライバシーポリシー

© 2018 とたに接骨院 / 鍼灸マッサージ院 妙