​戸倉でほねつぎが云々。

千曲市戸倉のとたに接骨院公式ブログです

怪我や症状の事、業界の事、どーでもいー事、いろいろ云々と言っていきたいと思います

期待の若手が続々

千曲市戸倉のとたに接骨院です。


8/23(日)我がトーキョーはホーム味スタにて湘南ベルマーレを迎え撃ちました。



前節広島戦ではラストプレーで追いつかれるとゆー

お家芸を披露ww

してしまった我が軍ですが、優勝を目指すチームとしては下位チームにこれ以上勝ち点を取りこぼす訳にはいきません。


果たして結果は・・・


3-0で快勝!!


気持ちのイイ勝利でした!!


試合はやはり湘南の方がボールを保持する時間が長かったんですが、ボール奪取からの素早いカウンターで何度もチャンスを演出していたトーキョーペースで進みます。


すると37分、コーナーキックのこぼれ球を永井が押し込んでトーキョーが先制します。

永井はこれが今シーズン初ゴール!



チームを献身的に支えている韋駄天にようやくゴールが生まれました!


その後チャンスを作るものの決めきれず、逆にミスから決定機を作られあわやとゆーシーンがいくつかありましたが、4試合ぶりにスタメン復帰した守護神・林がスーパーセーブを見せてチームを救います。


チャンスを決めきれずに前節の嫌な記憶が蘇る中、それを払拭する追加点が84分に生まれます。


前節に続きディエゴとレアンドロの絶妙なコンビネーションから中央をぶち抜いて最後はディエゴが決めます。


更に93分、カウンターから途中出場の原大智が決めてダメ押し。



下位チーム相手に順当に勝ち点3をゲットしました。


やっぱ追加点取れると安心!!


この試合注目されたのが2人の若手選手です。


まず右SBでスタメン出場した

中村拓海。


高校サッカーの名門東福岡高校出身の高卒2年目の19才。

長友佑都の後輩です!


この日がJ1デビューだったんですが、まったくそれを感じさせない落ち着きぶりでした。

ファーストタッチから2本立て続けに枠内にシュートを飛ばし、裏への飛び出しから数々のチャンスを演出。

守備面では中村帆高の方が1枚上手ですが、攻撃面では中村拓海の方がよりチャンスに絡んでいる印象です。


今後W中村によるレギュラー争いが激化しそうです。


そしてもう一人。

高萩に代わってアンカーポジションでスタメン出場した

品田愛斗です。


下部組織出身の高卒3年目の20歳。

J1では今まで途中出場の1試合のみでしたが、J3では昨年までに

82試合に出場しているベテランですww


何度かミスから危ないシーンを作っていたものの、物怖じせずに堂々とプレーしていました。

冷静なボールタッチとパス捌きから、かつての梶山陽平の姿を重ねた方も少なくないのではないでしょうか?

今後ミスを減らして攻撃にもっと絡めれば、絶対的と思われていた高萩のポジションを脅かす存在になれるでしょう。

非常にスケールの大きな選手へと成長する期待を抱いてしまいます。


僕は基本的に

若手に期待しがちおじさんなんでww


原もゴールを決めましたし、今シーズンは各チームの若手選手の活躍が例年以上に目立っています。

新型コロナによる変則日程の影響で、今シーズン降格がないレギュレーションになったことも監督の大胆な起用が増えた要因の一つかもしれませんね。


多くの若手選手が躍動する今シーズンのJリーグ。

なんて面白いんだ!!


あまり観たことのない方にも是非観てもらいたいですね。


では順位表を見てみましょう。


川崎が遂に負けました!!

よくやった名古屋!!


マッシモ愛してる!!


次節は8/26(水)ホームに鹿島アントラーズを迎えます。


この試合は第26節なんですが、ACLに出場している関係で日程を早めて行われます。


アウェイでの対戦では悔しい引き分けに終わっていますので、是非ともしっかりと勝ちたいところ。


しかしここまで6ゴールと絶好調のレアンドロが出場できません。

鹿島からのレンタル選手なので契約上出場できないんです。

まあレンタル選手によくある契約ですね。


代わりに誰が出場するのか?

原をスタメンで起用してくるのか?

はたまた内田か?

アダイウトンをスタートから起用してくるのか?

或いはまだ見ぬ若手選手の起用があるのか?

注目したいところです。


鹿島相手に鹿島りたいですねぇ~

などと云々。




梶山のプレーを見たことのない方へ




ご利用について プライバシーポリシー

© 2018 とたに接骨院 / 鍼灸マッサージ院 妙