​戸倉でほねつぎが云々。

千曲市戸倉のとたに接骨院公式ブログです

怪我や症状の事、業界の事、どーでもいー事、いろいろ云々と言っていきたいと思います

お薬のお話vol.2「そのクスリ、ホントに効く?」

更新日:2021年1月21日

千曲市戸倉のとたに接骨院です。


前回の続きです。



今回は痛みの種類と効果的なお薬についての云々です。


ちなみに久光さんからはまだ連絡は来ません。



 

私たちの生活の中には様々な痛みがありますが、まずはその種類について云々言います。


接骨院や整形外科で出会う痛みのほとんどが、大きく2種類に分類されます。


1.侵害受容性疼痛(シンガイジュヨウセイトウツウ)

2.神経因性疼痛(シンケイインセイトウツウ)


この2つです。


他にも「心因性疼痛」と言うのもあるんですが、心療内科や精神科の領域に入ってくるのでここでは省きます。


1.侵害受容性疼痛

これは侵害受容器を介して脳に伝えられる痛みの事です。

・・・はい、説明しましょうね。


侵害受容器というのは、簡単に言うと神経の先っちょについているセンサーのようなものです。

そのセンサーが周囲の状態を感知して脳に伝えているんですが、そのセンサーが脳に伝える痛みの事を「侵害受容性疼痛」と呼びます。


そしてその中でも「侵害刺激による痛み」「炎症性の痛み」に分類されます。


「侵害刺激」というのは、「侵害」つまり外部から攻撃を受けるという意味で、刺激を受けたことにより組織が壊れる危険をセンサーが感知し、脳に知らせるための痛みの事を「侵害刺激による痛み」と呼びます。


「炎症性の痛み」というのは、組織が壊れた際に起きる炎症をセンサーが感知して、脳に知らせるための痛みです。


つまり・・・

グキッ!!
グキッ!!

っとなった時に

「あぁぁそんなに引っ張ったら靭帯が切れちゃうよぉぉ‼‼‼」

が「侵害刺激による痛み」で

前距腓靭帯断裂
前距腓靭帯断裂

こうなって

「ハイここ切れましたよ~切れてますよ~」

の痛みが「炎症性の痛み」です。


要するに侵害受容器が脳に伝える「危険信号」の事を「侵害受容性疼痛」と呼ぶわけです。



2.神経因性疼痛

「侵害受容性疼痛」がセンサーの周りで起きていることを脳に伝えているのに対して、この「神経因性疼痛」は読んで字の如く、「神経そのものに発生した異常」によって起こる痛みです。


そしてこれもやはり2つに分類されます。

「一過性の異常による痛み」と「神経障害性疼痛」です。


「一過性の異常」とは、長時間正座をしていて足が痺れた経験があると思います。

しばらく動けませんが時間が経てば元に戻りますよね?

あれです。


「神経障害性疼痛」は最近テレビなんかでも耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

これは神経自体が病変を起こしたり、損傷したときに発生する痛みです。

一般的に「神経痛」と呼ばれるものがこれですね。


神経が傷つくことで、神経が痛みを伝達する為に作られる物質が過剰に作られます。

その結果、痛みを伝達する神経が興奮状態になり痛みが発生するという仕組みです。


腰椎椎間板ヘルニアにおける足のしびれや痛みがそれにあたります。


そしてすべての痛みがこのどちらかに分類されるわけではなく、「侵害受容性疼痛」と「神経障害性疼痛」が同時に発生する事もあります。


腰椎椎間板ヘルニアで例えると、足がしびれたり痛くなったりするのは傷ついた神経が興奮して発生する「神経障害性疼痛」ですが、腰の痛みは椎間板や神経が傷ついた際に発生する「侵害受容性疼痛」です。


これを「混合性疼痛」と言います。(そのままやん)



はい、ここまで痛みの種類について云々言ってきましたが、何か質問のある方は挙手をお願いします。


・・・いませんね。では次にお薬について云々言いたいと思います。


 

前回の云々では湿布の役割について云々言いました。

あくまでも痛み止めですよ、と。


今回は薬物療法として代表的なものを3つご紹介します



久光さんから連絡が来ないので、今回は第一三共さんのwebサイトを拝借したいと思います。

貫地谷しほりさん、北川景子さん、谷原章介さんのCMでおなじみのロキソニンSシリーズです。


https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/


ん~・・・かわいいですね~綺麗ですね~かっこいいですね~

ロキソニンSにも湿布があったので最初からこっちでも良かったと思ったら温感がありませんでした。


ロキソニンSの成分表がこちらです。


ロキソニン®S製品概要
ロキソニン®S製品概要

この「ロキソプロフェンナトリウム水和物」と言うのが「プロスタグランジン」の生成を抑制する「抗炎症薬」です。

前回に引き続き出てきましたね~「プロスタグランジン」覚えていますか?


ん?ホントに覚えていますか?(忘れてる方はこちらをどうぞ)


この他にもプロスタグランジンの生成を抑制する抗炎症薬がたくさんあります。

これらをまとめて「NSAIDs」(エヌセイズ)=非ステロイド性抗炎症薬と呼びます。


このNSAIDsの働きを分かりやすく図にしてくれているサイトがあったのでご紹介します。


https://toutsu.jp/

ファイザーとエーザイが共同で制作している疼痛.jpとゆーwebサイトです。

この中にこんな図が載ってました。


NSAIDs効果
NSAIDs効果

「痛み刺激」とはつまり「侵害刺激」の事です。

侵害刺激が加わって細胞が壊れると、その細胞の膜から「アラキドン酸」という脂肪酸が放出されます。


「アラキドン酸」を「シクロオキシゲナーゼ」という酵素が分解するときに、その代謝物として「プロスタグランジン」が作られます。

プロスタグランジンには炎症を促進して痛みを増強する作用があるわけですが、NSAIDsはシクロオキシゲナーゼの働きを抑えます。

その結果プロスタグランジンの生成が抑えられるので、炎症が抑えられ痛みが和らぐという仕組みです。


つまりNSAIDsは、「侵害受容性疼痛」の「炎症性の痛み」に効果を発揮する薬というわけです。


「それだけ?」と思った方もいるのではないでしょうか。


そう、それだけなんです。


「炎症性の痛み」には効果がありますが「侵害刺激による痛み」には効果がありません。

そして「神経障害性疼痛」にも効果がありません。


一般社団法人日本ペインクリニック学会が出している「神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン 改訂第2版 」に次のように記されています。


神経障害性疼痛に対してNSAIDsは効果なし
神経障害性疼痛に対してNSAIDsは効果なし

〈日本ペインクリニック学会webサイトより  https://www.jspc.gr.jp/Contents/public/pdf/shi-guide08_11.pdf


ここに書いてある「アセトアミノフェン」というのは「解熱鎮痛薬」と呼ばれる薬品で、痛みを和らげる効果和あるんですが炎症を抑える効果はありません。

総合感冒薬(いわゆる風邪薬)の良く配合されているものですね。


神経障害性疼痛の治療においてNSAIDsとアセトアミノフェンは「推奨しない」とありますが、要するに「効果がない」という事ですね。



では神経障害性疼痛に効果のあるとされている薬をご紹介しましょう。

ファイザーとエーザイが共同で販売している「リリカ」シリーズです。

リリカ®
リリカ®

https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2017/2017_06_08.html

写真は錠剤ですがカプセルもあります。

この記事を書いているH31年4月現在「神経障害性疼痛」効果があるとして承認を受けているのはこのリリカシリーズだけです。(※①)