top of page

​戸倉でほねつぎが云々。

千曲市戸倉のとたに接骨院公式ブログです

怪我や症状の事、業界の事、どーでもいー事、いろいろ云々と言っていきたいと思います

腰痛vol.4「コルセット『逆に良くない』説」

更新日:2020年1月20日

千曲市戸倉のとたに接骨院です。



ここまで一般的な腰痛全般について、コルセットを軸にお話してきました。とゆーよりほぼコルセットの話でしたね。

さんざんコルセットを褒めちぎってきましたが、もちろん万能ではありません。


最終章の今回は、コルセットの代表的な弊害3つと、根強く浸透する「逆に良くない説」についてご説明します。



 

弊害①「邪魔」

コルセットを着けたがらない理由ランキング堂々1位(たぶん)のやつです。


これはもう言わずもがなですね。

そりゃもーしゃーないっす。

だって邪魔するためのやつだもん。


これは用途に合っていないか、着け方が間違っているとゆー事です。

用途に合っていれば「邪魔」よりも「楽」の方が大きいはずです。

そして着け方、とゆーよりも着ける「位置」が間違っている方が結構多い。


前回、腹圧を上げることで腰椎を固定するというお話をしました。


多くの方がその仕組みを知らずに何となく巻いているので、おへそを中心に巻いています。

しかしこれだとコルセットの上部分が肋骨にかかってしまい、あまり腹圧が上がりません。


効果的に腹圧を上げるには、おへそよりも下のいわゆる「下っ腹」を圧迫するように巻きます。

しっかり腹圧が上がると、上半身が何となく浮き上がるような感覚があります。


「コルセットを巻くと食事の時に苦しい」というのは位置が間違っている証拠です。

皆さんも心当たりがあるのでは?



弊害②「皮膚トラブル」

コルセットによっては硬い素材のものもあるので、擦れて皮膚を損傷してしまうケースや、蒸れてかぶれてしまうケースもあります。


皮膚に直接コルセットが当たっているとトラブルが起きやすいので、肌着の上から巻くことが重要です。


それでもかぶれてしまう場合は、ガーゼやタオルをはさんだり、コルセットそのものを通気性の良いものに替える必要があるでしょう。



弊害③「筋力低下」

ハイ、来ました。

これこそが「逆に良くない説」の理由になっているものですね。

腰椎モデル
腰椎モデル

前回もお話ししましたが、腰はこんなに細い柱を筋力で支えています。

コルセットはその筋力を補って腹圧を上げるために巻くものです。


つまり自分の筋力だけでは十分に支えきれないので、コルセットに支えてもらっているとゆー事です。


今までは筋力で頑張って支えていましたが、コルセットを着けることで筋力を使わなくても支えられるようになりました。

めでたしめでたし。じゃないんですよ。


筋力を使わなくなるとゆー事はすなわち、筋力が低下することを意味します。


つまり「逆に良くない説」とは

「一度コルセットに頼ると、筋力が落ちてコルセット無しでは生活が出来なくなる」

とゆー事なのです。


治療の為にコルセットを着けることで、その先の腰痛を予防できなくなるとゆー理論ですね。


腹筋を鍛えると自分の筋力で腹圧を上げることが出来るため、腰痛を予防するには非常に効果的なのです。


なので腰痛で病院や接骨院などに行くと、多くの患者さんがこう言われ