骨盤矯正って何?

最終更新: 3月7日

千曲市戸倉のとたに接骨院です。


「骨盤矯正」って言葉を皆さんよく目にしたり、耳にしたりすると思います。


例:骨盤が歪んでいるから腰痛が云々。

例:骨盤の歪みによって左右対称じゃないから云々。


そもそも「骨盤矯正」って何か知っていますか?


僕は知りません。


こう言うと「なんだこいつ出来ないんだ。」と思われるかもしれません。

正確に言うと「骨盤矯正」という言葉は、医学には存在しないんです。

だから僕は知らないんです。


骨盤というのは、人体を構成する数ある骨の中のうち「仙骨」「尾骨」左右の「寛骨」から構成されるものです。つまり「骨」です。


役割は「傾くことによって重心を保つ」ことです。

例えば、お辞儀をすれば上半身は前に倒れます。骨盤がそのままついて行ってしまえば前にバタンと倒れてしまうので、骨盤が後ろに傾くことによって重心を保って倒れないようにします。同じように、後屈すれば骨盤は前に傾き、右足に重心が乗ったら骨盤は左に傾き、そうやってバランスを取っています。


じゃあ骨盤の「歪み」というのは、そのままこの役割の事を言うんじゃないですかね?


仕事や日常生活上の作業における動きや姿勢によって、骨盤の傾きが一定方向に集中しやすいことがあります。そうすると負荷も一定の場所に集中しやすいため、左右で筋力のバランスが違ったり、あるいは負荷が強くなりすぎて痛みが出たり、といったことが起きます。


これって、骨盤が歪んでるのが原因じゃなくて、一定の場所に負荷が集中しやすい動きや姿勢に原因があるってことですよね?骨盤が「歪んでる」(傾いている)のはその作業の結果に過ぎないですよね?


よく使う筋肉はそれだけ発達するんで、筋力も付くし厚みも出ます。なので、利き手と逆手がある段階で左右対称であるはずないですよね?使い方がそもそも違うんですから、左右の筋肉が同じように発達するはずがないんです。


なので「骨盤が歪んでいるから云々」じゃないんですよ。ひどいところは「全ての体の不調は骨盤の歪みが原因」とか言ってるところもありますからね。


そう言ってるのが接骨院だと、そりゃもうホントにガッカリします。


もしこの「歪み」の意味が、文字通り骨盤そのものの歪みだとするならば、骨自体が曲がっていることになるんで「骨折」と同じ意味になっちゃいます。さすがにそんなつもりでは言ってないと思うんですけどね。



だから「骨盤矯正」の意味を、僕は知りません。

などと云々。

〒389-0804

長野県千曲市戸倉2021-2-1階

TEL 026-466-6424

E-mail totani@togura-honetsugi-shinq.com

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

ご利用について プライバシーポリシー

© 2018 とたに接骨院 / 鍼灸マッサージ院 妙